++BLOG ■ ++のウェブログ

【緊急告知】居抜きで使いたい方、大大大大大募集!!!!!

0

募集は締め切りました。
お問い合わせくださったみなさま、ありがとうございました。

◇◇     ◇◇     ◇◇

 

みなさま、こんにちは。

突然ですがこのたび、

合同会社++は移転することに決めました!!

 

もちろん次なる思惑あってのこと。
なので、その日を夢見て安田も小田原もルンルンしているのですが、一つだけ心残りがあります。

 

 

そうです。
無垢の木たっぷりの、このオフィス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

スタッフや友達たちとともにフルリフォームした、このオフィス。

2

 

 

手塩にかけていつくしんできた、このオフィス。

3

 

 

病めるときも健やかなるときも、無垢の愛でくるんでくれた、このオフィス。

 

 

そこで!

タイトルの通り、

この物件を引き続き使ってくださる方を大募集しています〜〜!!!!

 

こんな物件です

1978年建造の住居付き店舗です。
++スタッフは住んでいませんでしたが、++の前の方は住居として使用されていました。

その前はパン屋さんやスナックなど多様に使われていた模様です。

木造の2階建て、1階が31㎡、2階も31㎡。

1階は開放感のある店舗仕様で、1部屋(12畳)とキッチン。ちょっと上がったところに、お風呂とトイレ。

階段を上がって2階が住居仕様で、2部屋(各8畳)あります。

 

それでは気になる内装を、一部屋ずつご案内しましょう。

 

1階:光も肌触りもやさしいフリースペース

北向きのガラス戸の向こうは往来。お向かいのお宅の植栽がのぞくので、気持ちのいい視界です。

4

 

【床】
入口はタイルを敷き詰めたたたき風、床面は30mmの分厚いスギのフローリングです。足のあたりがやわらかく、夏はさらさら、冬は底冷えしません。

5

 

【壁・天井】
ヒノキの壁面は光をやわらかく反射します。漆喰の白壁はプロジェクターの投影もばっちり。天井は和紙を張っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【キッチン】
元は土間でしたが、底上げした上で30mmのスギ材を敷きました。

7

 

++では1階の広間は、主にSMALL WOOD TOKYOのショールームとして機能していました。ワークショップやライブ、セミナーなどのイベント会場でもありました。ぎゅうぎゅうに詰めれば、20人ぐらい入れます。

 

 

2階:最高の採光! 南向きのヒノキ部屋

冬でも日中は暖房いらずのぽかぽか、南向きの洋間です。元は濃茶の合板の床・プリント合板の壁でした。

 

【床】
元の合板フローリングの上に、15mmのヒノキフローリングを敷きました。部屋がぐっと明るくなり、夏場はヒノキのつるつるとした肌触りが涼を運びます。

8

 

【壁・天井】
壁は3面がヒノキ、1面は「ドン・キホーテ」がモチーフの紙の壁紙です。乙女風な部屋のしつらえに合わせて、天井は淡い緑色にペインティング。天然由来のペンキを使っています。

9

 

++では、企画制作や木工の作業部屋にしていました。2年経ったいまでも、「ヒノキのいい香りがする〜♪」とお客さまにご好評の部屋です。

 

 

2階:しっとり大正ロマン風。北向きのスギ部屋

畳&障子の完璧な和室でした。北向きの寒さ対策を兼ねて障子を残したところ、フローリングにしっくりとなじんで和洋折衷な部屋に仕上がりました。

 

【床】
畳の上に15mmのスギ材を敷いて、北向きに特有の底冷えを回避。畳のスポンジ性でフローリングなのにふわっとやわらか。マッサージなどを施術するのに向いています。夏はかっこうの昼寝スペースです。

10

 

【壁・天井】
元からのビニールクロス壁に、天然由来の白ペンキを塗りました。天井はスギ模様のプリント板でしたが、溝をパテ埋めした上で、天然由来のペンキを塗布。2カ所の窓には障子。

11

 

++の事務室であり、複合機やモデムなどの情報機器や書類が集中する秘密基地でした。

 

 

外周り:通りにまで森があふれています

スギ材でしつらえた外装は2年の時を経て、風格を増しています。
武蔵野の植物を植え込んだ植栽は、いまをときめく植物研究家「塩津丈洋植物研究所」の塩津丈洋さんの手によるもの。ヒメシャラが新芽を出し、新緑を迎え、生い茂り、紅葉、落葉していくのを眺めるだけでも季節の移り変わりを感じます。

12

 

店舗が減ってきつつある古い商店街の一角ですが、ここは和菓子屋の「むらさき屋」さんとスナックの「みひろ」さんに挟まれて、3軒店舗が並ぶ元気地帯!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA14

場所は井の頭公園や三鷹の森ジブリ美術館の近く。吉祥寺駅・三鷹駅からは徒歩で20分ほど、吉祥寺駅発車の最寄りバス停からは徒歩3分ほどです。

徒歩5分圏内に児童公園や小学校があるため、行き交う人に子どもたちや親子が多く、いつも明るい声がこだましています。

 

 

見所はほかにも! 原状回復したら失われます。

20〜30人が代わる代わる約1ヶ月かけてフルリフォームし、東京の森で育ったスギ・ヒノキを約50畳分(丸太21本分!)たっぷり使っています。
トイレも総ヒノキ。1階はコンセントカバーを渋紙でくるんだり、入口のガラスサッシのアルミ部分をスチール風の塗装で仕上げたり、細部まで凝りました。

 

お出でになる方には、

「無垢の木のいい香り」
「ここに来ると癒される」
「こんなところでずっと過ごしたい!」

とくつろいでいただいています。

 

でも賃貸物件です。
居抜きで使ってくださる方が見つからないとなると、床や壁の木材を取り外して原状回復をしなければなりません。

去っていく私たちではありますが、殺風景な箱だった物件の元の様子を知っているだけに、なんとも胸が痛いんです。

 

心と体を癒したい方。
東京の森とつながりたい方。
化学的なものを受け付けない方。
ナチュラル系なお店を開きたい方。
なんとなく、ピン!ときた方。

 

info@tassetasse.jpにご連絡ください〜♪

詳細な条件等はご連絡いただいた方にお知らせします。


小田原澪

【合同会社++ 紙係(かみがかり)社員】 大学で地誌学を専攻したのち、地域資料のアーキビスト、地域新聞の記者として活躍。広報、ディレクター、仕組み作りなどをマルチにこなす。パンダをこよなく愛する。

ポートフォリオ

oterasou01
まとめる お寺葬のすゝめ パンフレット
koujidrink01
つくる 「糀ドリンク 結」コンセプトブック
worldchange01
つくる 連続講演企画「世界は変えられるという予感」ポスター・フライヤー

ポートフォリオへ


Scroll To Top